こんにちは。
テイクアウトは沢山の注文をいただきありがとうございました。
もうすぐ6月です。緊急事態宣言う受けて、レストランの営業は約1ヶ月休みました。
自分達の手から離れたところでお料理を召し上がるので緊張感があり、勉強になった部分も大きいです。

営業がない分、やってみたかった試作などにも取り組めました。
その中の一つが自家製パン。本屋、図書館で発酵の本を読んでるシェフ。

もう完成したものだと思ってましたよ!ワタシハ!
インスタにも載せましたし、本人もその時は大満足してたように見えましたけど・・・

材料g、発酵、捏ね、焼き時間、オーブンの温度を毎日観察ノートのように記録して
焼き上がりの気泡をチェック。

今回はロデヴという高加水パンです。
小麦と同量の水を加え、中がしっとりしているのが特徴です。

奏龍味噌と米麹は変わらず使用し、自然な甘みがあります。
おいしい~!ぜひ沢山の方に召し上がっていただきたいです。

もちろんパン以外もデザートや、パイ生地、ソースなど
じっくり料理と向き合ってました。

料理は答えが一つではありません。久しぶりにのだめカンタービレを読んで同じようなのかとも思いました。
その中のワンフレーズ(たしか)『いつだって最高の音楽を目指して、次なんてないかもしれない 最高の演奏をして、そして またそれを超えるものを目指す』
同じ料理でも、変化と今を超えるような仕事をしなくてはなりませんね。
ゆっくりお風呂につかり、のだめを読んだ自粛期間。
こんな機会はもうないかもしれません。

美味しい料理を作る。気持ちのよいサービス、空間。

変わらない部分、そして新しい生活様式でも伝わるように変化もしていきたいと思います。

 

ロデヴ