長いお休みをいただきありがとうございました。

私の故郷(嫁)北海道厚岸に帰り、母の一周忌も終え長野に戻ってきました。

母とは闘病とかもなく突然のお別れでした。前日に電話をしていて、元気そうな声と最後に、「じゃあ楽しんできてね!」と笑顔(電話なのできっと)で別れたことが私の中で大きかったとように思います。今日が最後の日だなんて誰にも分らない。改めて感謝の気持ちとか伝えられたわけじゃないけれど、喧嘩とかハイハイみたいな電話の切り方をしてたら、後悔してた1年だったと思う。

母への想いを馳せながら、ゆっくりした時間をすごして、気持ちの整理もしようと思ってました。

が、そんなわけにもいかず・・・(^▽^;)

法事の準備、片付け。

来客、3度の家族の食事、洗濯、買い出し、このリピート。本当に母はすごい。毎日大変だったね、ありがとう。

 

そんな時間のなかでも、少し岬を散歩したり、地元の花火やお祭りを見たりもできました。

こんな北海道らしい遭遇もありましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

キタキツネです。こんな近くで見るのは私も久しぶり。

ぐっすり眠っています。一度顔をあげてもまたウトウト・・・

そっと横を通りすぎました。シェフは「こんなこと初めてーーー!」大喜び。

途中、愛冠自然史博物館に寄り、北海道のいろんな剥製や標本、化石などがあります。

どれも見ごたえたっぷりで是非沢山の方に見てほしいです。

なかでも大興奮だったのはこちら

ヒグマと亀。本当に大きい。

一緒に写真を撮ってほしいと更に大喜び。

よかったね。

 

 

 

 

厚岸にある愛冠岬は太平洋を見渡せる景色の素晴らしいところです。遠くにボンヤリ見える無人島でキャンプも何度かしたことがあります。

懐かしい思い出。

楽しいことが大好きだった母。今日もどこかで楽しくおしゃべりしてると思う。

今ある命に感謝して、これからも元気にいたいと思います!