11月になり紅葉も色づいてきました。暖かい日が多くつい最近まで半袖でいたのに、もうコートの出番です。

シェフは毎日Tシャツ・・・いやランニングで仕込みしてます(笑)。

先日、坂城の山小路さんで開催されてる阿部春弥さんの個展へ行ってきました。毎年、三水館さんの個展は伺っていまが山小路さんでは初めての個展です。ルカドルの定休日の火曜日はお休みなので、ランチが早く終わった日を狙っていきました。

阿部春弥さんは上田市出身・在住の陶芸作家さんです。上田に移住してきてサントミューゼのミュージアムショップで初めて作品を拝見しました。小皿でお花の形、底にお花の模様がありました。とても素敵で大切に使っています。そこから、毎年の三水館さんでの個展や、東御市御牧原のわざわざさんで、作品を気に入ったもの集めてきました。私の母が陶芸をしていたので、その影響もあり器が大好きです。母も阿部さんの作品のファンで、長野に来た時に個展にも行けて、買ってきた器の話がしたくて私の帰りを夜遅くまで待っていてくれたこともあります。誕生日にはカバさんの箸置きを贈ったり、母との思い出がたくさんあります。今年は花器を贈りました。いつも写真の横に置いてお花を活けています。喜んでくれてるといいな。

お店を始めた当初はとにかく余裕がなく、器は数を揃えたりするのに精一杯。洗浄機にかけれるもの、収納やお料理など、いろいろ問題もありますが、最近は少しづつ色んなことが私たち二人の中で変わってきて、食器も流行があるけれど、作家さんの作品は飽きが来ない。味がある。地元の作家さんの作品が使えるようなお店にしたい。

お店を続けていく中で、食器も全部バラバラでもいいんじゃない?旅先で出会ったものとか、気に入ったものを使いたい。

そんな想いが強くなってきた矢先の個展これは行くしかない!

山小路さんは初めて伺いました。とても素敵な店主さんと店内。雰囲気も素晴らしいです。お客様もたくさんいらっしゃいました。

 

 

 

 

クリスマスディナーに使いたい器を数枚、自分用は今回ガマンしました。またの楽しみにとっておきます。   左の長方形の器とひし形の器は色違いで。

2

我が家の食卓では毎日登場する器です。

一番大きい丸い器と長方形の器が阿部さんの作品です。

下の器は母の作品。

一番上は伊藤聡信さん。どれも気に入っています。        特に左の長方形の器は朝ごはんにぴったりのサイズです。

 

今月はガラス作家さんのお宅の工房に遊びに行く予定。これも本当に楽しみです。